HOME >
chiemoku online営業カレンダー

事務所・工房
札幌市北区新川777-2
TEL : 011-790-7012
FAX : 011-790-7013
営業時間:月〜金曜
10:00〜17:00(土日祝休み)

円山直営店
札幌市中央区南2条西23丁目1-27
チサンマンション円山裏参道1F
TEL : 011-676-3015(月曜定休)
お店のページはこちら

お問合せ

北海道の木

チエモクオリジナルストラップで使用している木材や北海道に育つ木について解説します。
 

ハンノキ(榛)

カバノキ科
特長、解説
種類:ハンノキ(別称:ヤチハン、エゾハンノキ、ニタッケネ)、ケヤマハンノキ(別称:ヤマハン、ケムニ)、ミヤマハンノキ(別称:カムイケネ)など。
広葉樹。
ハンノキは湿原や沼沢地に生育する高木であり、日本全国・朝鮮・ウスリー・満州に分布している。湿原のような過湿地において森林を形成する数少ない樹木である。また、根には放線菌が共生しており、「ハンノキイグチ」という黄色帯びた毒毒しい食用きのこなども群生する。
北海道では「ヤチハン」、「ヤマハン」と呼ぶ方が馴染みがあり、ヤチハンは、ほうき状に横に広がり低木なものが多いし、ヤマハンノキは地をはうように幹、枝が伸びこぶが多い。また、実は染料、樹液は木酢液などにも利用されている。
ハンノキ心材部分
ハンノキ心材部分 
ハンノキの心材部分は淡く赤みある灰褐色。この木の成分(タンニン)の変化で時間が経過すると、色は橙褐色に変化していく。辺材は淡黄褐色で、心辺材の区別は明瞭。シナの代用としても近年大量に使われている。
用途:建築材(床板)、器具など。
 
 

木材に関する解説は、あくまで弊社で一般的としているもので、決して標準となるようなものではございません。同業界の方には当たり前の知識なので、ご存知の方、違う認識の方もいらっしゃるかもしれませんがご了承ください。また、地方・地域によって呼び方・特性が違うものがあるかもしれません。
ご指摘・ご意見・ご感想ございましたらメールにてご連絡ください。