HOME >
chiemoku online営業カレンダー

事務所・工房
札幌市北区新川777-2
TEL : 011-790-7012
FAX : 011-790-7013
営業時間:月〜金曜
10:00〜17:00(土日祝休み)

円山直営店
札幌市中央区南2条西23丁目1-27
チサンマンション円山裏参道1F
TEL : 011-676-3015(月曜定休)
お店のページはこちら

お問合せ

北海道の木

チエモクオリジナルストラップで使用している木材や北海道に育つ木について解説します。
 

ニセアカシア

マメ科
特長、解説
別称:ハリエンジュ(刺槐)
広葉樹。
北海道ではこの木をアカシアと呼ぶこともあるが、本来のアカシアはムネノキ科で別の属である。
このハリエンジュによく似た名前のエンジュとイヌエンジュがあるが、これらもサヤの部分の違いがあり、どれも別々の属に含まれている。ちなみに ニセアカシアはロビニア属
         エンジュはクララ属
         ヌエンジュはイヌエンジュ属。

ニセアカシアは北海道には明治時代に入ってきたという。もともとの学名が、「Rovbinia pseudoacacia LINN.」といいpseudoを直訳すると似て非になるものという意味があり、そこから「にせ」という名前がつき、ニセアカシアと言われる様になった。この木は養分の少ないやせた土地でも生育できるため、公園や街路樹にも使われている。札幌のアカシア並木はニセアカシアの木であったり、藻岩山にも多くのニセアカシアを見る事もできる。
ニセアカシア心材部分
ニセアカシア心材部分 
心材は暗黄色、辺材は黄白色で狭く、心辺材の区別は明瞭。かなり重くて、堅く強度もあり、粘りがある。切削や加工は難しい。
用途:街路樹、庭木、など。 
 
 

木材に関する解説は、あくまで弊社で一般的としているもので、決して標準となるようなものではございません。同業界の方には当たり前の知識なので、ご存知の方、違う認識の方もいらっしゃるかもしれませんがご了承ください。また、地方・地域によって呼び方・特性が違うものがあるかもしれません。
ご指摘・ご意見・ご感想ございましたらメールにてご連絡ください。