HOME >
chiemoku online営業カレンダー

事務所・工房
札幌市北区新川777-2
TEL : 011-790-7012
FAX : 011-790-7013
営業時間:月〜金曜
10:00〜17:00(土日祝休み)

円山直営店
札幌市中央区南2条西23丁目1-27
チサンマンション円山裏参道1F
TEL : 011-676-3015(月曜定休)
お店のページはこちら

お問合せ

北海道の木

チエモクオリジナルストラップで使用している木材や北海道に育つ木について解説します。
 

セン(栓)

ウコギ科
特長、解説
センの種類:センノキ(別称:セン、ハリギリ(針桐)、アユッニ)、オニセン、ヌカセンなど。
広葉樹。
オニセン、ヌカセンとは、センの材質を選り分ける時の呼び名。
オニセンは、成長が比較的早く年輪幅の広い。比重が高く、硬いため狂いが出やすく加工に不向きと嫌われる。ヌカセンはその反対で、比重が低く「糠」のように軟らかいことから、狂いも少なく、加工しやすいと好まれる。 また、ヌカセンの光沢感や杢目、色調がケヤキによく似ていることから、その代用として使われることもある。
北海道には多く生育していて、支笏湖畔ポロピナイにも大径木があったり、良材の産地となっている。
ヌカセン心材
ヌカセン心材 
ヌカセン心材は黄みがかった淡褐色で、辺材は淡黄白色。木目がはっきりしていて美しいが、木肌は粗い。ちなみにオニセンは心材はやや灰褐色で年輪の幅が広い。
用途:家具、合板用、建築材、楽器(ギター)、彫刻など。
 
 

木材に関する解説は、あくまで弊社で一般的としているもので、決して標準となるようなものではございません。同業界の方には当たり前の知識なので、ご存知の方、違う認識の方もいらっしゃるかもしれませんがご了承ください。また、地方・地域によって呼び方・特性が違うものがあるかもしれません。
ご指摘・ご意見・ご感想ございましたらメールにてご連絡ください。