HOME > スタッフブログ > 2010年8月
chiemoku online営業カレンダー

事務所・工房
札幌市北区新川777-2
TEL : 011-790-7012
FAX : 011-790-7013
営業時間:月〜金曜
10:00〜17:00(土日祝休み)

円山直営店
札幌市中央区南2条西23丁目1-27
チサンマンション円山裏参道1F
TEL : 011-676-3015(月曜定休)
お店のページはこちら

お問合せ

スタッフブログ

ここでは、お客様から寄せられたご意見・ご感想や、チエモクの製作スタッフによるちょっとした製作日記をご紹介します。

2010年8月(8件)

2010年8月30日

朝ドキッ!

コバヤシです。今日は暑かった。

札幌では、この時期珍しい30度越えの暑さ。

そんな中、空沼工房にラジオがやって来た。

今回もチエばっかりしゃべった。

ぼくも出たかった!

っていうか・・・

ぼくもちょこっと出た。

丸鋸、回してやったぜ!

「掃除機の音ですか?」って言われたけど・・・(0д0;)

投稿:コバヤシ / 2010年8月30日

すっかりご無沙汰のブログでございます。

今年の暑さは「暑い」より「熱い」がふさわしいような、熱気ムンムンの札幌近郊です。

6月から8月前半にかけ、たて続けにダウンしていった工房面々ですが、

最近はどうにか体調のコントロールを会得したような?気が、します。

 

さて!いきなりですが8月30日(月)にHBCラジオ「山ちゃん美香の朝ドキッ」に生出演させていただきました。

 

レポーター、こと「トピッカー」奥田さん(カワイイ)に来て頂き、新川工房より生中継。

トピッカーの奥田さん、着ているチェックのお洋服は制服だそうです。

カワイイ、当然ですがワタシ共には着られるはずもない、ショートパンツ。

コバヤシさんが自分の携帯で写真を撮っているのが印象的(笑)

 

さて、中継内容はというと、パーソナリティーの山内さんと美香さんがこちらのヒントを元に「何をしている会社か?!」を当てるというコーナー。

簡単な打ち合わせを終え・・マイクを握るちえ氏。

いざ本番。

ちえ氏の声が目の前と、渡していただいたミニラジオから重なって聞こえる。何か違和感。

ヒントを出しても気付いてもらえなかったら番組は成立するのだろうか・・・

 

 

ところが、あっさりと!「小さな黒板消しのストラップを作っている。空沼工房」とわかって頂きました。ヤッター☆

 

その後やりとりが続く中、ワタシとコバヤシさんは固唾を飲んで見守り?無事中継は終了。

 

お礼にと缶コーヒー1ケースを頂きました。ありがとうございました!

 

この度の中継の模様は「HBCラジオ トピッカーブログ」でも8/31以降、紹介いただくようです。

http://www4.hbc.jp/bbblog/list.php 

↑宜しかったらチェックしてみてくださいね!

 

 

投稿:ヒグチ / 2010年8月30日

2010年8月26日

このごろの作業。

小林です。

北海道もやっと涼しくなってきました。

この夏は暑かったなぁ。

 写真は、黒板消しストラップの製作途中。

これから紐をつけて、布を張っていきます。

なんとこれは札幌テレビ塔限定販売の、テレビ父さんの特注品。

テレビ塔にテレビ父さん神社が出来るって聞いたけど、たくさんお客さんが来るといいな。

 

最近はぼくもルーターの仕事をやったりしてます。

すごく危ない仕事らしいので、ちょっと緊張します。

これは、クリップツリーの台を掘っているところ。

今回から材料がエンジュに変わりました。

ニレより硬いかなと思ったけど、意外とキレイにいってよかった。

投稿:コバヤシ / 2010年8月26日

2010年8月25日

Twitterはじめました!

先日から、「chiemoku」というIDで、twitterはじめました!

「やった方がいいよ〜」とは前からいろんな方々から勧められてはいたものの、

「ブログも満足にUPできてないのに〜(泣)」となかなか腰の上がらないワタクシ。

でも、先日の選挙で、開票時のテレビ特番でもツイッターのつぶやきが流れてたり、

テレビCMでも「つぶやき募集中!」なんて出てるのは気になってました。

ツイッターは、ナゼそんなにすごいのか?どこがそんなにすごいのか?ちょっと知りたくなって、やってみることにしました。

でもまだなんだか使い方も良くわかんないので、ちょこちょこ控えめにつぶやいてます。

「chiemoku」で実際につぶやいてるのは、チエでっす。

みなさん、ぜひぜひフォローミー!!

 

たぶんこのリンクから開ける・・・はずデス。。。(この辺も初心者(^^ゞ)

http://twtr.jp/user/chiemoku/follow

 

↓このQRコードは、ケータイのツイッター、「モバツイ」ってサイトに飛びます。

 

よろしくお願い致します!!

投稿:チエ / 2010年8月25日

お盆も過ぎ、8月も残りわずか、暑さ寒さも彼岸まで…という訳で、北海道の短い夏も終盤を迎えつつある今日この頃です。

工房内は、機械音が鳴り響いて活気がある時もあれば、各々が手作業に打ち込み、静まりかえっている時もあり、そんな時は、今の季節に相応しい虫の音が聞こえてきたりするのが密かな楽しみの私…(*^^*)

札幌と言えども、街から少し離れると、中々の田舎情緒がある空沼工房です。

さて製作の方はと言うと…最近私は、製品が、とてもデリケートなのを痛感しています。

よく、[絵は人の心を表す]と言いますが、製品もまさにそんな気がします。

デリケートな製品達は、一つの作業でも焦りながらやったりすれば、それなりの出来になってしまいます。
体調を整えて製作に挑むのは勿論、気持ちも前向きに、製品に失礼のないように取り組みたいというのが今の目標です。


前回の私のスタッフブログの製作日記に、次回は、機械についての発見などを書きたいと掲載させて頂きました。
そこで、機械について、思った事等を交えながら、書いていこうと思います。
実は私は、機械に対して、とても恐怖心があったのです。

何せ 初めて使う時は、その機械がどのくらい難しくて、もしも誤って使用すると、どのような怪我につながるのかも分かりませんから、自分の頭の中で、無駄に想像力が膨らんだりしてしまうのが その恐怖心の理由でした。

しかし、そんな心配は無用でした。

何故なら、製品に合った作業が出来るように、予め先生が[治具](←じぐ)を作ってくれているのです。

教わった通りのルールを守りながら 治具を使って機械を使えば、何も怖い事はありません。

先生達が、こうして製品に合わせた治具を考えたりするのも、製作の一部なのだと小さな発見![いつかは、私も 製品に合った作業を上手く進められるような治具を考えてみたいなと思ったりします]が、まずは、自分なりの土台をしっかり作っていくのが先ですね(^-^;

そして、私が抱いていた恐怖心…それも あながち悪いモノではないのだと言うことも知りました。

恐怖心…とまではいかなくとも、(〜かもしれない)という気持ちを持っていれば、怪我につながる事は無いからです。
馴れ合いになってしまった頃に怪我をしてしまうものだから、そういった気持ちを持ちながら、安全に使用する事も大切なのだと学びました。

最近は、[跳び箱ストラップ]の製作に、[ベルトサンダー]を使う作業があります。


 
↑これが[ベルトサンダー]ベルトの部分が高速で回転しています。
跳び箱の、布を貼る前の上の板を削ったり、組んだ台の側面を削ったり…
これも又、ちょっとした加減に十分な配慮が必要で、思っていたよりも、難しく感じました。
 


この写真のようになるまでの工程が、本当に大変(^o^;)
勿論、跳び箱以外にも、この、ベルトサンダーが活躍する製品が多数あります。
色々な使い方、色々な機械… まだまだ奥が深そうで、今日はどんな発見があるのか? そんな風に思って、毎日を楽しみに、工房に足を運んでいる、アッコでした(*^^*)

投稿: / 2010年8月24日

8月24〜29日は大丸藤井セントラルさんの、年に1度の創業祭!
そんなおめでたいイベントに空沼工房がお呼ばれしました!
空沼工房が登場するのは24日・25日。
地下1階・紙のフロアで黒板消しストラップの製作実演をします。当日は、お名前入れのサービスもアリマス。
ぜひ、おいで下さい!

 

-----以下、セントラルさんのHPより抜粋-----

【BF】 チエモク「黒板消しストラップ」実演

■期間:8月24日(火)・25日(水)
■時間:11:00〜17:00(途中休憩あり)
■場所:紙のフロア
人気の黒板消しストラップ。用意した材料の中から、お客様が選んだものでメーカー担当者が実際に作成します。また名入れサービスも行います。

投稿:チエ / 2010年8月23日

『空沼工房』がある、ここ北海道札幌市は、最近雨が続いていて、夏らしい太陽の陽射しを浴びる事も少ないまま 8月に突入しました。
しかし、この天候とは裏腹に、私はとっても明るい気持ちです!

まだまだ【初体験】が多い私は、先日[札幌スタイル]のショーケース内に、空沼工房の[エコはしくん]を展示するべく、スタッフ一同に同行する事となりました。(詳しくは、同ホームページの、おしらせに掲載してあります)
皆、段取りよく 着々と作業に取り組む中、(足手まといにならないように!)くらいしか、思いたたない私…、とにかく、(やれる事をやる!)と気をとり直して、作業に参加しました。

狭い空間とは言え、そこを空沼工房の、[エコはしくん]一色で飾るのは、容易にはいかないものなのですね。

あっと言う間に2時間がすぎ、なんとか時間内?に完成しました(^o^)v

私が ほんの少しだけ役に立てたのは、[エコはし]を山積みにして行く作業でした。
床がツルツルなので、箸が思うように山積みにならず、床に広がる感じになってしまうのです。

そこで、アウトドアが大好きな私は、キャンプファイヤー様式に木を積む事に成功!

向かって右側の山積みになった[エコはし]から、手足を着けた[エコはしくん]が列をなし、左側に進んで行く様子が出来上がっています。

手足も、先生のアイデアですが、手の振り具合に、可愛いい小細工をした ヒグチさん♪ 列の中に、ちょっと張りきってる風の[エコはしくん]がいて、なんだか微笑ましくなりました。
そして完成です。シンプルで可愛く、【空沼工房】らしい展示に仕上がっていました。
(この展示のイメージを、チエ先生は、とても忙しい中、いつ考えていたのだろう…?)
一人黙々と進めていく製作も、私は大好きなのですが、こうして皆で作り上げていく作業も、(一体感があっていいなぁ〜)と 満足感でした。

8月末までの展示ですので、ご覧になれる方は、ぜひお立ち寄りいただければうれしいです!

話しは変わりまして、製作の方は、とても順調です。最近は、機械を使う作業を教えてもらう事も増えてきて、それにつれ、自分の出来る仕事が少しずつ増えるのが、私はとても嬉しいです。

機械についても、沢山の発見があったり、注意点もあります…。 次回は、その辺りで感じた事なども書きたいと思います(^○^)

アッコ

投稿: / 2010年8月5日

今日から8月ですね〜。

「怒涛の7月がなんとか終わったな、ほっ。」というのと、

「もう8月かぁ・・・もうすぐ決算だなぁ(笑)ホント1年あっという間だなぁ。」というのとで・・・

フクザツな心境・・・。

というわけで、日曜日なんだけど、なんとなく工房に来ています。

この7月は本当に怒涛の1ヶ月で、手帳が真っ黒、日曜もゆっくり家で休んだ記憶が無いほどでした。。。

忙しいのはありがたいことです。

で、

先週は2件、木工教室の講師に呼んでいただいたのでちょこっとそのレポートを。

やっぱり夏休みですからね、この時期はワークショップのご依頼が多いです。

自由研究には、「ちょっと苦労したよ」「頑張ったよ」「ここが難しかったよ」って人に説明できるくらいの経験をさせてあげたいですよね〜

ってことで、私の木工教室は、結構疲れる、大変なメニューが多いんです。

今回は、札幌のお隣・江別市で開催された、サマーアートキャンプin江別・トライ★アス★カル2010のワークショップのレポートです。

広大な畑の中に、陶芸のアトリエとファームレストラン、お野菜の直売所が建つ「アトリエ陶 風の村」。

風の村の敷地内にテントを張って2泊3日、子供たちは様々なジャンルの体験型学習メニューを受けていきます。

そのメニューの1つとして、「空沼工房・三島千枝氏による、タルキでつくる木工体験」を行いました〜!

タルキでつくる・・・のは、なんと椅子。 

のこぎりをぎこぎこやって、かなづちでコンコンやって、

電気を使わず(屋外でやるから、電気が使えないんです)に作らなきゃいけないのです。

キャンプの主催者さまからの希望ではあるのですが、参加しているのは、小学校1年生から6年生までの子供たち。

大丈夫かなぁ?

※「タルキ」とは・・・タルキ(垂木と書きます)は本来、屋根を支えるため、棟から軒先に渡す長い木材のこと。

トドマツやエゾマツ等の針葉樹の木材を30〜45mm角の太さに製材したもの。

 

 

チエ「まずこうやって、材料を切ります〜」

子供たち「おおお〜!」

歓声が上がってちょっとウレシイ(笑)

 

こうやって、こうやって・・・

よいしょ、よいしょ

 

がんばれ、がんばれ

 

できた〜!

あれ?誰もいませんけど・・・

 

こっち、こっち。

頑張ったあとは、お昼のメインイベント、流しソーメンならぬ「流しラーメン」。

小麦の産地でもある江別が誇る製麺会社「株式会社菊水」さまご提供の地元らしいメニュー。

なぜかちゃっかりご馳走になって、これまた大満足のチエ&コバヤシでした。

photo by コバヤシ

投稿:チエ / 2010年8月1日