HOME > スタッフブログ > 2010年7月
[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive] お気に入り商品一覧
円山直営店OPEN
[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
chiemoku online営業カレンダー

事務所・工房
札幌市北区新川777-2
TEL : 011-790-7012
FAX : 011-790-7013
営業時間:月〜金曜
10:00〜17:00(土日祝休み)

円山直営店
札幌市中央区南2条西23丁目1-27
チサンマンション円山裏参道1F
TEL : 011-676-3015(月曜定休)
お店のページはこちら

お問合せ

スタッフブログ

ここでは、お客様から寄せられたご意見・ご感想や、チエモクの製作スタッフによるちょっとした製作日記をご紹介します。

2010年7月(4件)

じめじめした雨ばかりの札幌近郊、です。

「新人アッコちゃん」の日記はそんな天候とは間逆の、爽やかな、何だかカワイイ日記でしたね! (*^0^)/

 

そんな中、奇跡的に晴れた一日にちえ氏と二人、旭川へ行って参りました!

 

7月30日にオープンの旭川市内にございます老舗の手芸・雑貨店

「マリエッタ 旭川春光店」にて、この度空沼工房の商品をお取り扱い頂くことになりました。 \(^0^)/ ヤッター

 

という訳でオープン店の陳列作業の為、アラフォー二人旅(日帰りですが) (*^^)v (*^^)v

 

・・その前に車は旭川市郊外にございます、とある場所へ。

 

『地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 森林研究本部 林産試験場』

その名の通り研究施設でございます、木と木工に関する様々な可能性を研究しております。

 

北海道、そして日本の木工の発展の為に、です。(ココは結構ポイント)

 

6月にこちらで木工の勉強をしてきたちえ氏「とても楽しい4日間」だったそうです。

施設内はほんのり木の匂いと全体的に暗いのが印象的。もちろん節電の為。

 

高い高い天井で思わずパチリ☆

こんな広い作業室、理想ですね〜  (^ー^)

ご担当のH様いわく「マニアだから」。いえいえ、貴方様の知識は「博士」です。

研究のほんの一例です。現代の木工の最先端技術は、木でこんなモノが作れちゃいます!!

 

施設内でとっても美味しいラーメンをいただき、併設の「木と暮らしの情報館」をH様のガイド付きで見せて頂き・・

 

ここまではすっかりお遊びのようですが、車は再び旭川市内へ。

 

「マリエッタ春光店」はオープン5日前。スタッフさんや業者さんが、おおわらわで陳列中でございました。

でも、新しいお店ならではの高揚感「ワクワク」みたいな明るさがひしめいていて、

何だか楽しそうに感じちゃいました。

 

頂いたスペースはメイン通路の角地、というすばらしい場所。

恥ずかしくない売場を作らねば!!

没頭してます。パチリ☆

没頭・・・・すること3時間!

やっとできた「空沼工房」コーナー。全部画像に収まらないのが残念。。

旭川を出たのは5時。予定では会社へ到着時間、のはずだったのですが・・・

2時間オーバー。ま、こんなもんですね(笑)  (*^^)\\

 

とても充実、しかし現実問題アラフォーの疲れは翌日までとれない。

欠伸、欠伸。。のちえ氏とワタシでした。アッコちゃんの爽やかさが眩しい。戻れない(涙)。 

 

でも頑張った分、売場にはちょっと自信ありますよ〜!

 

マリエッタ春光店は、お隣は大型スーパーという複合商業施設内の、大型クラフト・雑貨店です。

満を持してのオープンは明日30日!旭川近郊にお住まいの皆様、是非いらして下さい〜!!

 

 

 

投稿:ヒグチ / 2010年7月29日

はじめまして!

新米製作スタッフのアッコです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

私が初めて空沼工房のお仕事に携わらせて頂けるようになってから、自分の中にある時計が、それまでとは違うスピードで動き出し、あっと言う間に3ヶ月が過ぎました。
見習いとして、毎日工房へ足を運んでいる今は、色々な発見と、成長の日々… とても貴重な経験をさせてもらえているのだと感じています。

先日、チエ先生は、私に、『お仕事日記を書いてみたらどうですか?』と提案して下さいました。私はその時、瞬間的に、『書きたい!!』と思いました。


第一の理由は、この日記を書く事は、[自分を高めていく為の手助けになる…]と感じたからです。
どのような作業をしたか、その時自分はどう感じたか、[常に今しかないこの瞬間]を、少しでも多く振り返る事が出来る日記という手段が、この先自分にとって、どういった形でプラスになっていくのか?考えるだけでも、とてもわくわくしています。

そこで、早速、製作についてこの前感じた事を書きたいと思います。


私は先日、【空沼ドラムくん】の製作に取りかかる事になりました。
ドラムくんの製作で私が担当した作業は、小さな手足や、身体をすべて面取りする所から始まりました。
そこで私は、『面取りは、空沼工房の全ての製品において、欠かせない作業だ』と前に先生に教えてもらった事を思い出し、こんなに小さな一つ一つまでに手をかけてあげられる事に、やりがいを感じたのです。
胴体は、3つの木、それぞれ面取りをして、接着させます。小さな身体の3つの異なる木目がなんとも言えません。
ドラム君の顔は、先生が作ります。
顔も、少しずつ形が異なるので、並べてみるとそれぞれ違います。
寸分違わず全く同じといかない、木目と、木の太さ、色、そして、手作業が加わり、同じ【空沼ドラムくん】でも、世界に2つとないという所も、手作りの味わいなのですね。
胴体を中心に、顔→手→足と接着させていくと、先生が前に、『命がある木に、別の命を吹き込む』というコメントを、思い出し、その意味を実感する事ができました。


 この、写真に写っているのが、今お話ししていた ドラム君達です。
色合いまで綺麗に写っていないのが残念です。

それはさておき、いよいよ完成に近づいてきた時には、私は、このドラム君達にとっても愛着が湧いていて、[どんな人が使ってくれるのかな?] [大切に使ってほしいな…] 等と考えながら、ラストに、頭にマツバを付ける時には、紐がぜったいに抜けて壊れないように、そして、[元気でね!!]なんて真剣に思っていました。私が担当した作業の他にも、チエ先生、コバヤシ先生の手も加わり、そして完成です。
とても嬉しくて、[いってらっしゃい…]と思いながら、お別れが、ちょっぴり寂しい気持ちになってしまいました(/_;)/~~

こういう気持ちは、自分でも初めてで、この新鮮な気持ちは忘れたくないなと思ったのです。
新鮮なまま、ずーっと自分の中に保存しておきたいです。
なんだかまるで、自分は冷蔵庫みたいですね(笑)
それなら、出来るだけエコで、性能の良い冷蔵庫でいたいです。
話が大きくそれてしまいましたが。
これからも、度々この日記を続けていこうと思います。
今回、この日記を書くきっかけを作って下さった、チエ先生、コバヤシ先生、ヒグチさんに、とても感謝しています。

投稿: / 2010年7月27日

今日(7月18日)と明日(7月19日)で、ウイングベイ小樽でのワークショップイベント「Born!」に参加しています!!

ウイングベイ小樽のイベントスペース、ネイチャーチャンバーで↓こんな感じでやってます。

ヒマを見て撮ったので、写真にはお客さんが映っていませんが(0д0;)

ワークショップは大盛況でしたよ!

端材で自由に作るストラップやマグネット、いつもながら子供の自由な発想には驚かされます。

「正解なし」で作る楽しみって、いいよなぁって思います。

 

明日もお客さんいっぱい来るといいなぁ!

近郊の方は、ぜひ覗きに来てください。

よろしくお願いしま〜す!

投稿:チエ / 2010年7月18日

先日までの猛暑とはうって変わり、過ごしやすい日々の札幌近郊です。

 

さてさて!北海道でビールと言えば?

 

やはりサッポロビールでございます!最近は様々なライフスタイルに対応すべく、発泡酒や第三のビールなど本当にたくさん出ております。

しかもどれもそれなりに美味しかったりもします。 (^0^)

 

でも「やっぱりビールが好き!北海道ならサッポロ!そして黒ラベル!!」という方も多いと思います!

 

そんな北海道のシンボル的企業の中の、まさしくシンボル商品でございます

「サッポロ黒ラベル」。

なんと!!空沼工房のお箸とお箸置きがこの度

「サッポロビール黒ラベル〜MADE IN HOKKAIDO かならずもらえるキャンペーン」(北海道地区限定です)

こちらの対象商品になってしましました!!! 

 

コチラがキャンペーンの案内兼応募用紙でございます。

この度のキャンペーン、北海道内のクラフト「皮・布・ガラス・木」が結集いたしております。ほかの参加企業さまは・・

 

「ソメスサドルさまの皮製品」

「村本テントさまの帆布バッグ」

「深川ガラスさまのグラス」

 

・・・どれも全国的に有名な(汗)素敵な企業さまの、素敵なアイテムばかりでございます。

キーボード入力しながら手に汗にぎっています、ホントに。

そのような企業さまと見慣れた空沼工房のロゴが並んでいる、

この応募用紙を見ただけでも「いいのか?」と気後れがちなスタッフ一同ですが。。

 

先日からテレビCMも始まっております!ワタシもやっと先日見ることが出来ました。

 

とても重厚感溢れる、北海道のクラフト品と、そして黒ラベルの「巧の逸品」を感じる15秒間でした。

 伝統ある『サッポロの刻印』に相応しい製品をお届け出来るよう、スタッフ全員頑張っていきたいと思いました。

 

キャンペーンは10月末までのロングランです。

 

通常の製品の製作やイベントもどんどん行ってまいります。

小さな会社ですが、ひとりひとりの持つパワーの限界に挑戦!!体調管理に留意しながら、ですが(笑)。

 

そんな慌ただしい工房のこと、真っ先に空沼工房inter net shopのお客様に報告させて頂きました!

 

 

ちなみに、嬉しくなって実際に買ってみました。

限定「HOKKAIDO競馬缶」仕様。ちょっとウレシイ☆

 

 

ではまた〜!!

 

 

 

 

 

 

投稿:ヒグチ / 2010年7月11日